フコイダンって

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブなどの海藻類に含まれるヌルヌルとした成分の中にある多糖類の事を言い、ヌルヌルとした成分にはアルギン酸、ラミニンなどが含まれているという意味で注目を浴びています。アルギン酸、ラミニンには、コレステロール吸収の抑制作用、血圧降下作用などもあると判ってきています。
また、1996年・第55回日本癌学界にて「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表され、中でも他の正常細胞に影響を与えず、癌細胞(異常細胞)だけを自滅させる働き「アポトーシス(Apoptosis)誘導作用」という内容で脚光を浴び、医学的メカニズムもほぼ解明されてきております。
さらに、全世界において100種類以上の論文も発表されており、ガン治療の中で今一番注目されている代替医療であると言えるはずです。
過去において、「発掘!あるある大辞典」「ためしてガッテン」「おもいっきりテレビ」などの健康に関するテレビ番組をはじめとし、さまざまな健康雑誌にも取り上げられています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。