多糖体フコイダン

フコイダンはキノコに
含まれるβ-グルカンと同じ多糖体の仲間で、
正式にはフコースと呼ばれる糖が
主な構成糖とする物質になります。
フコイダンには硫酸基フコースが多く、
これがガン抑制に強く影響していると考えられています。

フコイダンの効果・効能

フコイダンはガンを抑制するという働きをするだけではありません。
現在わかっているフコイダンの作用は次のようなものがあります。
・抗腫瘍
・抗糖尿病
・抗ウイルス
・抗アレルギー
・胃潰瘍治療促進
・肝機能向上
・血液凝固阻止
・コレステロール低下

フコダインの効果

腫瘍細胞に直接作用しアポトーシス作用を誘導させます。
腸からフコイダンが吸収され、
血液中を流れ癌細胞に到達しアポトーシスを誘導させ、
癌細胞は自滅します。
このような作用は正常な細胞に対しては働かず、
抗がん剤のように副作用がないということから、
がんの治療現場でも使われています。
 

ヌルヌル成分フコイダンとは

フコイダンとは、海藻(モズク、メカブ、ワカメ、コンブなど)に含まれるヌルヌル成分のことです。
海藻が健康に良いとされる理由にカルシウムやヨウ素などのミネラル分を豊富に含んでいることや、低カロリーであるという以外に、フコイダンを含むヌルヌル成分が健康増進に効果を発揮することがわかってきました。

フコイダンって

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブなどの海藻類に含まれるヌルヌルとした成分の中にある多糖類の事を言い、ヌルヌルとした成分にはアルギン酸、ラミニンなどが含まれているという意味で注目を浴びています。アルギン酸、ラミニンには、コレステロール吸収の抑制作用、血圧降下作用などもあると判ってきています。
また、1996年・第55回日本癌学界にて「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表され、中でも他の正常細胞に影響を与えず、癌細胞(異常細胞)だけを自滅させる働き「アポトーシス(Apoptosis)誘導作用」という内容で脚光を浴び、医学的メカニズムもほぼ解明されてきております。
さらに、全世界において100種類以上の論文も発表されており、ガン治療の中で今一番注目されている代替医療であると言えるはずです。
過去において、「発掘!あるある大辞典」「ためしてガッテン」「おもいっきりテレビ」などの健康に関するテレビ番組をはじめとし、さまざまな健康雑誌にも取り上げられています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。